--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.16

潜水

 最近、深く潜水するように英語だけの世界で暮らすようになった。たまに、水面から顔を出すように日本語のブログを読んでいる。日本語を読むと、ほっとするのは確かだ。本当は、しばらくの間日本語は完全に断ち切ってみようと思ったのだが、これをすると気分が相当鬱になる事が分かった。基本的思考の部分で、やはり英語のみでは足りない所があるのだろう。でも、これも修行なので、より長く潜水できるように訓練していこうと思う。

 ただ、僕はもう日本のテレビを見られなくなってしまった。生理的に体が受け付けない。日本のニュースも見ていてつらいし(どうしてNHKはメジャーリーグの日本人野球選手の話ばかりスポーツコーナーでするのだろう?)、ドラマは完全に無理だ。日本のテレビが押しつけてくる世界観から、あまりにも僕個人が乖離してしまったせいかもしれない。でも、個人的に日本の番組で見たいのは有野課長のゲームセンターCXぐらいだから、それは良いことにする。


スポンサーサイト

Posted at 09:59 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.07.07

ブログのちから。

 
 少し前の話なのだが、偶然、梅田望夫さんの「直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。」という、ブログエントリーに遭遇した。

 このエントリーには、僕が英語を基礎原則とした生活の中で無意識に体で感じていたことが、そのまま言語化されていて、とても深く感銘を受けた。

 このブログを読んだことをきっかけに、梅田さんの著書「ウェブ進化論」「ウェブ人間論」「フューチャリスト宣言」を買い求めて読んだ。とくに、「ウェブ進化論」はとても面白かった。ブログをきっかけに本を読んで、その本がとても面白いというのは、新しい時代の本との出会い方だなと感心してしまった。

 「ウェブ進化論」全体を貫く、オプティミズムには、学ぶべき所が多い。僕が今のアメリカ社会(そして来るべき日本の未来社会)の中で生きのびるには必要な考え方だと思う。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。